CONTACT
TOP

>

加登大介 コラム一覧

>

伝えたい一言

伝えたい一言

伝えたい一言

投稿日:2022.10.20 緩和ケア 終末期 緩和ケア医

Kato Daisuke

|

市立砺波総合病院 緩和ケア科 部長 加登大介

窒息寸前で大学病院へ搬送された身寄りのない女性の話です。検査でがんが原因と判明し、気管切開で一命は取りとめたものの声を奪われました。骨への転移のために身動きもとれず、私のいた緩和ケア病棟に来られました。痛みは薬で抑えられましたが筆談もままならない状態で、症状や希望はよく分かりません。スタッフが丁寧にお世話しますが顔をしかめることもあり、痛いのか、吐き気がするのか、試行錯誤のケアが続きました。

悩むスタッフがある日『本人の希望を聞こう』と言いました。喉に入れる管には声の出やすいものもあるのですが、苦しくなるので使っていません。本人の了解も得られたので、翌日に短時間だけ交換することになりました。当日、管を換え患者さんが何と言うか耳を澄ませました。すると『あ・り・が・と・う』と一言。痛い?苦しい?誰かに会いたい?何してほしい?集まったスタッフが尋ねますが、患者さんは首を振りもう一度『あ・り・が・と・う』私たちが聞いた最初で最後の声でした。

自分ならこの状況でなんと言えるだろうか。この方の人格に心を打たれたのと同時に、この瞬間に繋がるケアを施してくれたスタッフみなに今でも感謝しています。『ありがとう』

Kato Daisuke

市立砺波総合病院 緩和ケア科 部長 加登大介

市立砺波総合病院 緩和ケア科 部長 加登大介

職歴:虎の門病院 内科、血液内科、臨床腫瘍科、緩和医療科 医長/日本バプテスト病院 ホスピス/富山市民病院 緩和ケア内科 主幹
主な資格:日本内科学会内科認定医/日本血液学会血液専門医/日本緩和医療学会緩和医療専門医/日本臨床倫理学会臨床倫理認定士