CONTACT
TOP

>

がんサバイバー Q&A

>

妊娠中に悪性リンパ腫に罹り、闘病生活を乗り越えてきました。

コロナ禍、第二子妊娠中に悪性リンパ腫(ALK陽性未分化大細胞リンパ腫)が発覚。 抗がん剤治療し、出産。 産後も抗がん剤治療と放射線治療を行い、寛解、現在経過観察中です。 妊娠中や産後、子育てをしながらのがん治療について発信していければと思います。 よろしくお願いします。

妊娠中に悪性リンパ腫に罹り、闘病生活を乗り越えてきました。

悪性リンパ腫

がんサバイバー

コロナ禍、第二子妊娠中に悪性リンパ腫(ALK陽性未分化大細胞リンパ腫)が発覚。 抗がん剤治療し、出産。 産後も抗がん剤治療と放射線治療を行い、寛解、現在経過観察中です。 妊娠中や産後、子育てをしながらのがん治療について発信していければと思います。 よろしくお願いします。

Q1. 闘病中の仲間へメッセージをお願いします。

A.

過去に白血病を患って克服した渡辺謙さんが同じ病気を発表した池江璃花子選手に送った言葉に私も治療中何度も励まされたので、以下引用します。「なぜ今自分がと絶望感に苛まれているのではないかと思います。どんな状況かは分かりませんが、今の医学を信じ、自分の生命力を信じ、前を向いて焦らずにしっかり治療に専念して下さい。祈っています。」

Q2. 今後の治療予定について教えてください。

A.

特にありません。

Q3. 治療は精神的にも大変だと思いますが、乗り換えるために行っていること、また行ったことがあれば教えてください。

A.

目標を立てて、実行しました。 生活面では無理せず家族に沢山頼りました。入院中はなかなか読めなかった巻数の多い漫画を沢山借りてきて読んでました。映画が好きなのでテレビの午後のロードショーを楽しみに見ていました。注射や治療で通院の日はご褒美にちょっとおいしいものを買いました。治療が終わったら憧れの星のやに泊まる!と目標を立てて、実行しました。

Q4. SNSで公開された理由を教えてください。

A.

誰かの力になれたら嬉しいと思いました。 他の方の投稿が参考になったから。私も誰かの力になれたら嬉しいと思ったので。

Q5. 実際に治療が始まって副作用はありましたか。

A.

ありました。 治療した日は無理せず沢山寝る。

Q6. 妊娠中に治療は行いましたか。

A.

妊娠中にCHOP療法を4回行いました。 妊娠中は治療の影響で血糖値が上がりやすくなってしまうため、なるべく血糖値の上がりにくい食事をするよう注意しました。あとはとにかく無理せず沢山寝る。

Q7. がんの種類とステージ、現在の状態について教えてください。

A.

悪性リンパ腫ALK陽性未分化大細胞型リンパ腫のⅡA。現在は寛解の状態です。 首のリンパの腫れがきっかけで受診したところ、悪性リンパ腫ALK陽性未分化大細胞型リンパ腫が発覚。現在は寛解の状態です。

Q8. 治療方法と治療経過を教えてください。

A.

CHOP療法4回、CHAP療法4回、放射線治療50gy(2gy25回)

Q9. セカンドオピニオンは受けましたか?

A.

受けました。 最初に受診した病院に血液内科がなかったため、セカンドオピニオンを受けました。

Q10. がんがわかったときの心境やご家族の反応を教えてください。

A.

風邪も殆どひかずに元気だったので、妊娠中にがんになるなんてとてもびっくりしたし、ショックでした。